虚構日記

数年前に描いた文やふつうの日記を描いております。若干右寄りだったり制服フェチです。

2018-08-27から1日間の記事一覧

去年書いた医者の小説

戦後まもなくして。 昭和二十年、夏のことある離島に東京から医者の若い夫婦が越してきた。 名は黒田表向きは医療に乏しい離島に、診療所を建て役立とうというものであった。 しかし、医者は元軍医であるため、左官され離島に送られてきたのであることをすで…